<メイバンク選手権 初日◇9日◇サウジャナG&CC(7,186ヤード・パー72)>

賞金総額が300万ドル(約3億4千万円)を超えるビッグトーナメント、欧州ツアーとアジアンツアーの共催大会「メイバンク選手権」が本日9日(木)より開幕。午後から出たほぼ全ての選手がハーフターンし、日本勢最上位は今平周吾と亀代順哉の1オーバー86位タイと苦戦を強いられている。

【フォトギャラリー】松山英樹が大会連覇!最終日をフォトでプレーバック
OUTから出た今平はこの日ノーバーディ・1ボギーと振るわず。竹安俊也も2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーと出入りが激しく、3オーバー129位タイと下位でこの日を終えている。

午後から出た亀代と川村昌弘もボギーが先行、1オーバーの亀代が残り9ホール、3オーバーの川村昌弘は残り8ホールを残している。この時点で日本勢4人が奪ったバーディは合わせてわずか5つと、スコアメイクに苦しんでいる。

9アンダー単独首位はマーク・ウォレン(スコットランド)がキープ、2打差2位も変わらずタイのパチャラ・コンワットマイ(タイ)がつけている。3打差3位タイにはダニー・ウィレット(イングランド)、地元・クアラルンプール出身のアリ・イラワン、ピーター・ユーライン(米国)、マルセル・ジーム(ドイツ)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>