東京五輪のゴルフ会場となる霞ヶ関カンツリー倶楽部が女性に正会員の門戸を開いてないことから見直しの可能性が浮上し、波紋が広がっている。そんな中、8日(水)に都内で行われた日本プロゴルフ殿堂の記者会見に出席した倉本昌弘強化委員長は、「バックアップは横浜カントリークラブ」だと話した。

揺れる名門・霞ヶ関カンツリー
横浜CCはこれまで「日本女子オープン」など数々の試合の会場にもなってきた神奈川県にある名門コース。会場の選定時は第2候補となっていた。日本ゴルフ改革会議などはパブリックコースである都有の若洲ゴルフリンクス(江東区)を要望しているが、はたしてどこに落ち着くのだろうか。世界も注目しているこの問題、早期の解決が望まれている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>