欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」を終え、最新のレース・トゥ・ドバイランキングが発表された。

【関連】松山英樹が大会連覇!最終日をフォトでプレーバック!
首位を走るトミー・フリートウッド(イングランド)は、先々週の「コマーシャルバンク カタールマスターズ」に続き2週連続の予選落ちとなったが、2位のワン・ジョンフン(韓国)が同じく先週に予選落ちとなったため、約9万ポイント差に変化はなかった。

「オメガ-」で念願の大会初制覇を遂げたセルヒオ・ガルシア(スペイン)が3位にランクイン。昨年の年間覇者ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は6位につけている。また、腰痛のため出場を見送っているローリー・マキロイ(北アイルランド)は27位となっている。

※レース・トゥ・ドバイとは米ツアーで実施されているフェデックスカップランキングをモデルに行われている賞金レース。獲得賞金1ユーロごとに1ポイントが加算され、上位60人までが最終戦の「DPワールド ツアー選手権」に出場が許される。

【レース・トゥ・ドバイランキング】
1位:トミー・フリートウッド(526,481pt)
2位:ワン・ジョンフン(436,151pt)
3位:セルヒオ・ガルシア(410,224pt)
4位:ラファエル・カブレラ・ベロ(351,728pt)
5位:サム・ブラゼル(332,570pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(330,253pt)
7位:パブロ・ララサバル(286,648pt)
8位:ブランドン・ストーン(266,186pt)
9位:ジャコ・ヴァン・ジル(252,137pt)
10位:グレーム・ストーム(246,216pt)

27位:ローリー・マキロイ(119,287pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>