<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 3日目◇4日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」は第3ラウンドを行い、トータル9アンダー3位タイからスタートした松山英樹は6バーディ・3ボギーの“68”でスコアを3つ伸ばし、トータル12アンダー3位タイで最終日を迎えることとなった。

まさかの…石川遼は思わず頭を抱え込む
松山はスタートの1番でボギーが先行するも、2番でセカンドを1.5メートルにつけてバーディを奪い返す。さらに、続く3番パー5でもバーディを奪うと、5番、6番もセカンドをピンに絡めて連続バーディとした。

9番でボギーを叩いて一歩後退するも、15番でバーディを奪うと、名物ホールのスタジアム16番パー3ではティショットをベタピンにつけてバーディ。しかし、17番はティショットを池に落としてボギーとし一歩後退して3日目を終えた。

首位はトータル16アンダーまで伸ばしたアン・ビョンフン(韓国)。1打差の2位にマーティン・レアード(スコットランド)が続いている。

【3日目の順位】
1位:アン・ビョンフン(-16)
2位:マーティン・レアード(-15)
3位T:グラハム・デラート(-12)
3位T:マイケル・キム(-12)
3位T:ジョン・ピーターソン(-12)
3位T:松山英樹(-12)
7位T:マット・クーチャー(-11)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>