<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 3日目◇4日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の3日目。トータル9アンダー、首位と1打差の3位タイで決勝ラウンドに進んだ松山英樹は前半で2つスコアを伸ばし、バックナインのプレーに入った。ハーフターン時点で首位のアン・ビョンフン(韓国)とは3打差となっている。

【フォトギャラリー】みーんな酔っ払い!16番ホールの熱狂
松山はスタートの1番でボギーが先行するも、2番でセカンドを1.5メートルにつけてバーディとすると続く3番パー5でもバーディを奪取。さらに5番、6番もセカンドをピンに絡めて連続バーディとした。しかし、9番でボギーを叩いてトータル11アンダーとして折り返した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>