1月31日(火)、木戸愛がスポンサー契約を結ぶTポイント・ジャパンと共に実施したチャリティ企画の記者会見に出席。このオフの取り組み、今季の目標について語った。

木戸愛と笠りつ子の仲良しコンビ 一緒にスマホを覗く場面も
昨シーズンは勝利こそなかったものの、「サマンサタバサレディース」、「センチュリー21レディス」で2試合連続2位に入るなど自己最高となる約4,500万円を獲得。「ショットの状態も安定して良かったし、いい1年だったと思います」と合格点をつけた。

一方で悪かった部分と評するのがショートゲーム。「何度か優勝争いをする中で“パターを含めた100ヤード以内の精度”が課題というのが明確になりました。上手くいかなかったですね。リカバリー率も非常に悪かったので」。もったいないボギーを減らす。それが2017年に向けての最優先事項となる。

その為、笠りつ子と共に1月中旬に行ったタイでの合宿では100ヤード以内をひたすら打ち込んだ。「1球1球実戦を想定して、自分にプレッシャーをかけてやりました」。長い時には朝の9時から夜の18時までクラブを振って、苦手意識克服に勤しんだ。

その合宿でもう1つ得たものが、ツアー屈指のショットメーカーのエッセンス。「レンジでは笠さんの後ろで打つように心がけました。技術はもちろんリズムやゴルフへの向き合い方まで勉強させてもらいました」。自らお願いしたという練習パートナーの一挙手一投足に目を凝らし、貪欲に吸収した。

かつてない充実感と共に迎える2017年シーズンの目標は“必勝”。昨年は獲得賞金を掲げたが、今年は2012年以来となる勝利にこだわった。「去年は目標額は達成できなかったけどプロ人生で最高の賞金額だった。良い方向に向かっていると思う。今年こそは勝ちたい」。開幕まで残り1か月。今後は師匠である芹澤信雄らとハワイで合宿で最終調整を行い、決戦の地である沖縄へと向かっていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>