<ファーマーズ・インシュランス・オープン 最終日◇29日◇トリーパインズGC(7,698ヤード・パー72)>

24位タイから出た松山英樹は、3バーディ・3ボギーの“72”とスコアを伸ばせず、トータル4アンダー、33位タイで4日間を終えた。

美しすぎる○○○ 松山英樹、石川遼らの戦いを彩るのは?
首位と5打差でのスタート。今週はショットに精細を欠いており「スタートしてみないと分からない」状態。1番(パー4)のティショットは左に曲げてフェアウェイバンカーよりもさらに左のラフへ入れるなど、ボギーを叩く不安な立ち上がり。しかし、3番(パー3)で6メートル、6番(パー5)は1メートルを沈めてバーディ。「(スタート時にトップはあまり)意識していなかったが、伸ばしていけて、後半面白い位置にいければ」と考えていたとおり、徐々に上位との差を詰める。

8番(パー3)はティショットでピンを狙い1メートルにつけるも、ミスパット。続く9番(パー5)は、グリーン手前のラフからの3打目を寄せられずにパー。「8番、9番でバーディが取れなかったのが痛かった。そのストレスがそのまま後につながったと思う」。ストレスを抱えて後半に入ると10番(パー4)、12番(パー4)でボギーと後退。18番(パー5)は3・5メートルのバーディパットをねじ込み、苦しい1日だったがなんとかパープレーでホールアウトをした。

この日のフェアウェイキープ率は14回中6回と4日間で最も悪い42・86パーセントだったが、「6回ともいいショットが打てた。ミスはミスではっきりしている。いいショットを続けていけるように、何か練習法を考えたい」と、悪いなりにも復調の兆しは見えている。

次週はディフェンディングチャンピオンとして迎えるウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン。「すごくプレッシャーもある。いいゴルフがしたいけど、今の状態ならちょっと苦しい。まだ中3日あるので、しっかりと修正できたらいいと思います」。1週間で50万人以上のギャラリーが集まる大会。前年覇者が世界ランキング6位となって戻ってきた姿を見せる。

【最終結果】
優勝:ジョン・ラーム(-13)
2位T:C・T・パン(-10)
2位T:チャールズ・ハウエルIII(-10)
4位T:キーガン・ブラッドリー(-9)
4位T:ジャスティン・ローズ(-9)
4位T:パット・ペレス(-9)
4位T:トニー・フィナウ(-9)
4位T:パトリック・ロジャース(-9)

20位T:石川遼(-6)
33位T:松山英樹(-4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>