テーラーメイドは、フロリダ州で開催されている「PGAマーチャンダイズショー」で記者発表を行い、タイガー・ウッズ(米国)とパター以外に及ぶ13本のクラブ使用契約を締結したことを発表した。

【PGAツアー動画】タイガー・ウッズがツアー復帰戦へ!「興奮している」
発表会の冒頭、ビッグニュースを届けたのはテーラーメイドのCEOデビッド・アベレス氏。「昨年はジェイソン・デイ、ジャスティン・ジョンソン、ジャスティン・ローズという素晴らしい選手の活躍がありましたが、今年はそこに偉大なアスリートがあらたにテーラーメイドゴルフのメンバーになりました。そのプレーヤーは“タイガー・ウッズ”です!」と同氏が発表すると、モニターにウッズのプロモーション映像が流れて巨大なウッズのポスターがお披露目された。

ウッズも発表会と同タイミングで声明を発表し「私はこれまでのゴルフキャリアを通じ、使用するギアには常に細心の注意を払っていました。そして、ここ数カ月間、ほぼすべてのゴルフメーカーから送られてきたクラブをテストしたのです。結果として、最終的にどのクラブを使うか決めるのは簡単なことでした。その性能だけで判断した結果、テーラーメイドを選ぶと決断したのです」と語った。

ウッズが使いクラブスペックはドライバーが新たなM2、3ウッドがM1、5WはM2のそれぞれ最新モデルとなる模様。アイアン、ウェッジについてはこれから2〜3か月かけて調整の後、実戦投入の予定となる。なお、今週の「ファーマーズインシュランスオープン」で使用するクラブスペックの詳細は以下の通り。

1W:M2ドライバー(2016年モデル) ロフト9.5度 シャフト:テンセイホワイト70X 44.5インチ D4
3W:ニューM2ツアー ロフト13度 シャフト:テンセイホワイト90X 42.5インチ
5W:ニューM1 ロフト19度 シャフト:テンセイホワイト90X 41.5インチ D4

<ゴルフ情報ALBA.Net>