<レオパレス21ミャンマーオープン 事前情報◇24日◇パンラインGC(7,103ヤード・パー71)>

国内男子ツアーとアジアツアーの共催大会、「レオパレス21ミャンマーオープン」が26日(木)から4日間の日程で開催される。この日は公式会見が行われ、昨季の国内ツアー賞金王、池田勇太や昨年覇者のショーン・ノリス(南アフリカ)らが出席した。

ミャンマー美女と池田勇太
池田は「今週のこの試合は長い歴史のある大会だし、それに自分も尽力して昨年復活した大会なので、すごい思い入れもある試合。先週の結果(※予選落ち)のことは無しにして、今週は優勝争いしたい」と熱い意気込みを語った。

この会見の後には、ミャンマー伝統の習慣で日焼け止めの効果もある、『タナカ』のデモンストレーションも行われ、会見に出席した各選手も顔に化粧をして楽しんだ。『タナカ』は同名の木の樹皮をすりおろして作られる。保湿や殺菌などにも効果があるそうで、香りもいい天然由来の化粧品だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>