<キャリアビルダー・チャレンジ 3日目◇21日◇PGAウエスト他>

米ツアー未勝利の男がやってのけた。49位タイから出たアダム・ハドウィン(カナダ)は、ラキンタCCをラウンド。13バーディ・ノーボギーの13アンダー、“59”をマークしてトータル17アンダーと伸ばして単独首位に立った。

石川遼の写真がいっぱい!第3Rフォトギャラリー
米ツアーでの50台は、先週の「ソニーオープンinハワイ」の第1ラウンドでジャスティン・トーマスが59をマークして以来8人目(9例目)。米ツアーで2週連続50台が出たのは初めて。パー72のコースでは1999年のデビッド・デュバル以来、4人目。また、1ラウンド13バーディは、91年にシュライナーズ・ホスピタル・フォー・チャイルドオープンでチップ・ベックと並ぶ米ツアータイ記録だった。

ホールアウト後のハドウィンは、「こういう時はみんなゾーンに入るというけど、僕もゾーンに入っていた。でもこのスコアは信じられない」と手放しで喜んだ。

カナダ出身のハドウィンは、2009年にプロ転向した29歳。14年にウェブドットコムツアーで2勝を挙げて、15年シーズンからフル参戦し、初シードを獲得。シード選手として3シーズン目を迎える。米ツアーでの最高順位は11年のRBCカナディアンオープンの4位タイ。悲願の初優勝に向けて、最高のポジションで最終日を迎える。

「ラキンタCCに比べて、明日のスタジアムコースは難しい。ただ、優勝のチャンスがある。もう一度集中し直して、1打1打大切にしたい」と、気持ちを引き締めた。ちなみに、ハドウィンは米国ケンタッキー州のルイビル大学の出身。先週59をマークしたトーマスはケンタッキー州のルイビル出身(大学はアラバマ大学)。米ツアー初の2週連続59の共通点はルイビルだった。

【3日目の順位】
1位:アダム・ハドウィン(-17)
2位:ドミニク・ボゼリ(-16)
3位T:ブライアン・ハーマン(-15)
3位T:バド・コーリー(-15)
3位T:チャド・キャンベル(-15)
3位T:ハドソン・スワフォード(-15)
7位:ブレンダン・スティール(-14)

21位T:フィル・ミケルソン(-9)
53位T:石川遼(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>