<キャリアビルダー・チャレンジ 3日目◇21日◇PGAウエスト他>

米国男子ツアー「キャリアビルダーチャレンジ」は3日目のラウンドを行い、石川遼はスタジアムコースをラウンド。31位タイから出て5バーディ・1ダブルボギー・1トリプルボギーとスコアを伸ばせず、トータル6アンダー53位タイに後退した。以下は3日目の一問一答。

PGAウエストが絶景すぎる!石川遼フォトギャラリー
(1番は右OBからトリプルボギー)
そうですね。アマチュアでエントリーするべきだったかなと。やっぱりまだ練習が足りていない。試合と練習はやっぱり違う、そこら辺が出たと思う。今までの2日間とはまったく違ったスタートになってしまった。だいぶ焦るのもそうだし、落ち込みもあり。気分的にはこの上なく最悪だった。

(それでも良いリカバリーを見せた)
ショットが悪いとき、セーブできたり、パットが入ったりすると助かりますね。1番ホールはほんとに酷かったけど、(ダブルボギーの)16番は5ヤードを打ち分けられなかった。自分の得意な距離で突っ込みきれないのが嫌だなと思って、ギリギリ狙ってピンの奥につけてやろうくらいの思ったのがちょっと調子に乗ってしまった。アプローチは完全にミスでした。

(予選は通過)
今年の初戦で予選を通れた。不思議な感じもある。今はまだちょっと整理はつかないけど、客観的にみて例年に比べて良いゴルフでスタートできているのかな。18番のティショットはすごく良かったので。あそこで変なスイングになっていたら、後戻りと思ったかもしれないけど良かった。パーを簡単にとれるところにティショットが打てたのが成長かなと思う。

(評価は?)
このコースで自分が手応えとして3日間で9アンダーのプレーができると思っていた。最低限のラインはクリアできていないので評価はできない。それでも、予選を通ったというのはPGAツアーではあまりない。マレーシア(CIMBクラシック10位フィニッシュ)のときもそういう感じがした。このゴルフでこの順位。これを続けていけば、良いゴルフができたなと思ったときはもっと上にいられるんじゃないかなと思う。

(底上げされた感じ)
そうですね。初日、2日目のドライバーの感じがあり得ないくらい、まっすぐいっていた(笑)でも、あり得ないと自分で思っちゃいけないんで、がんばってもっと精度あげるようにしたい。でも、それができなかったときのリカバリーもゴルフ、ドライバーがすべてじゃない。それでも初日、2日目は新しいドライバーで初めての試合ということも含めて良い方向に行っているなと思いました。

【3日目の順位】
1位:アダム・ハドウィン(-17)
2位:ドミニク・ボゼリ(-16)
3位T:ブライアン・ハーマン(-15)
3位T:バド・コーリー(-15)
3位T:チャド・キャンベル(-15)
3位T:ハドソン・スワフォード(-15)
7位:ブレンダン・スティール(-14)

21位T:フィル・ミケルソン(-9)
53位T:石川遼(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>