<キャリアビルダー・チャレンジ 2日目◇20日◇PGAウエスト他>

PGAウエストなど3コースを使用して開催される「キャリアビルダー・チャレンジ」は第2ラウンドを行い、ニクラストーナメントコースをラウンドした石川遼は5バーディ・2ボギーの“69”でスコアを3つ伸ばし、トータル6アンダーでホールアウトした。

【特別動画】PGAツアー5年目の石川遼が語る意識の変化
PGAウエストのメインコースであるスタジアムコースに併設するニクラストーナメントコースで2日目を迎えた石川は10番からティオフ。14番で約8メートルのロングパットを放り込んでバーディを先行させると、17番はボギーを叩くも、18番から2番まで3連続バーディを奪ってスコアを伸ばした。5番バーディのあと、6番はボギーとしその後はスコアを伸ばせなかったものの好位置で2日目を終えた。

現時点で首位はトータル13アンダーまでスコアを伸ばしたハドソン・スワッフォード(米国)。今大会が復帰戦となるフィル・ミケルソン(米国)は10ホールを終えてトータル7アンダーとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>