2020年東京五輪のゴルフ会場・霞ヶ関カンツリー倶楽部を巡って、若洲ゴルフリンクスへの会場変更を求める意見が挙がっていることについて、日本ゴルフ協会(JGA)の専務理事である山中博史理事が見解を述べた。

【緊急アンケート】松山英樹と錦織圭 メジャーで先に勝つのはどっちだ!?
山中氏は「色々な意見があるのは分かっています」と前置きしたうえで、「ただ、オリンピックの会場として様々な基準があった上でこちらは立候補ファイルを提出し、IGFが了承した。そのコースを今から変えるというのは現実的ではないと思います」とコメントした。

18日(水)の日本ゴルフサミット会議でも「パブリックコースではない」といった意見が挙がったが、「オリンピックをやるのは決まっているわけですから、そういった今ある問題をどうやって解決していくか話し合っているところです。他に何か問題が出てきた場合は別ですが、国際的な規約の中で決まったものを日本だけの問題で変更するということはしません」と断言した。

続けて「もちろんオリンピックが終わった後の五輪仕様の会場を残していくこともレガシーだと考えています。それについての協議も今しているところです」と締めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>