アンダー・アーマーの日本限定モデル発売イベントに際して緊急来日したメジャー王者であるジョーダン・スピースは、アマチュアから「再現性の高いスイングをするにはどうすればいいのか」という質問に対して、右足の使い方を指摘した。

 【緊急アンケート】松山英樹と錦織圭 メジャーで先に勝つのはどっちだ!?
 「スイングする際に僕はテークバックで下半身をほとんど動かさない意識。右足は地面に刺さっているイメージで、絶対にスエーさせない。その後75%ほど上体を回してテークバックすると、再現性が高くなる」と曲がらないコツを明かしくれた。そのイメージを自分で確認しながら練習すると、イメージどおりに動かせるようになるという。

 ほかにもパットで上手くなるコツを聞かれると、「僕はラインよりも球がコロがるスピードを一番にイメージして決める。その後にそのスピードに沿ったラインを想像している」とパットでのセットアップの秘密を明かした。アマチュアは特に大切なのは、「自信を持ってパットに臨むこと」という。スピース自身も自信はないが、70%くらいは自信を持ってストロークするようにしてるとか。

 球が曲がってスコアを崩してしまうという人は参考にしてみては?

<ゴルフ情報ALBA.Net>