米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」を終え、最新の世界ランキングが発表された。前週に続き勝利を挙げたジャスティン・トーマス(米国)が12位から8位にランクアップし、初のトップ10入りを果たした。

圧巻の“253”!ジャスティン・トーマスが記録づくめの2連勝!
同大会を単独3位で終えたジョーダン・スピース(米国)は、「JT(ジャスティン・トーマス)を知って10年近くになるけど、もともと彼はその力が十分にある選手。これからどんどん勝って行くに違いない」と、学生時代にしのぎを削ったライバルに賛辞を送った。

同大会を27位フィニッシュの松山英樹は世界ランク6位と変わらず。先週まで約0.02pt差に詰め寄っていたスピースとは約0.24pt差と水を空けられる形となった。また、マスターズ出場のため世界ランク50位以内を目指す谷原秀人は1ランクアップの54位、小平智は3ランクダウンの99位としている。

【男子世界ランキング】
1位:ジェイソン・デイ(10.60pt)
2位:ローリー・マキロイ(9.59pt)
3位:ダスティン・ジョンソン(9.19pt)
4位:ヘンリック・ステンソン(8.41pt)
5位:ジョーダン・スピース(8.19pt)
6位:松山英樹(7.95pt)
7位:アダム・スコット(6.33pt)
8位:ジャスティン・トーマス(5.78pt)
9位:パトリック・リード(5.40pt)
10位:アレックス・ノレン(5.23pt)

34位:池田勇太(3.11pt)
54位:谷原秀人(2.29pt)
99位:小平智(1.47pt)
100位:石川遼(1.46pt)
101位:片山晋呉(1.45pt)
110位:片岡大育(1.33pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>