上田桃子がクラブ契約を結ぶキャロウェイゴルフの新製品発表会に出席。新たな相棒となる1本を大絶賛した。

今回発表されたエピック(けた外れの、とてつもない)と名付けられた『GREAT BIG BERTHA シリーズ』の新モデルは、その名の通りこれまでにない圧倒的な飛距離性能が売りのモデル。同じく同社契約の石川遼もすでにテストしており「初速が約1m/s上がった。自分が想像しているよりもボールが前にある」と評価した。

オフショットも満載!上田桃子フォトギャラリー
そんな新ドライバーを上田も大歓迎。「1球打っただけでこれまでのクラブと違うのが分かりました。こんなにフェースがくっついて球を押せるのかと衝撃的でしたね。とにかく“バイーン”と飛んでいきます。それしか表現しようがない(笑)」。すでにテストを開始しており、「開幕戦はこのドライバーでいく予定です。あとは最終調整ですね」とバッグインを示唆した。

「今年は最高の相棒に恵まれそうですし、一番上を目指して頑張りたい」。昨年は賞金ランク35位と日本を主戦場とした年の中では最低の数字。新たなパートナーと共に逆襲のシーズンとしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>