<ソニー・オープン・イン・ハワイ 2日目◇13日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

21位タイから出た松山英樹は4バーディ・1ボギーの3アンダー、“67”で回り、通算7アンダーとし、24位タイで決勝ラウンドに進んだ。今大会5度目の出場で初めて2日連続60台をマーク。首位のジャスティン・トーマスとは10打差と開いたが、残り2日で縮めていく。

お見事!松山英樹がピンそば1.2mにピタリ!
なかなかボールがカップに沈んでくれなかった。INスタートの松山は、出だしの10番(パー4)で2メートルのバーディパットを外すと、12番、13番では7メートル以上の長い距離のバーディパットを絶妙なタッチで合わせながらも、ボール1個分カップの横をすり抜けて、いい流れを作れない。17番(パー3)では、ティショットをピンの近い難しいガードバンカーに打ち込み、2打目を寄せきれずにボギー先行と苦しい展開。

しかし、18番(パー5)で2メートルのバーディパットを決めると、1番(パー4)で1・5メートル、3番(パー4)で4メートルを沈めて、立て続けにバーディを奪う。その後も2メートル前後のチャンスを作りながら、7番(パー3)の80センチを入れた以外は、ことごとく外れた。

「いいところもあれば、悪いところもあって、ちぐはぐながらも伸ばせたのでよかった。(パッティングは)悪くないんですけど、なかなかカップに嫌われたりして入らないですね。もう少し伸ばせたかなという感じはあります」と、ゴルフの内容がいい訳ではないが淡々とスコアを伸ばしている。

この日のパーオン率は、83・33パーセントと、前日の72・22パーセントより上向いた。2日間で3パットもない。「ショットももう少し修正が必要」としながらも、パッティングが決まればビッグスコアも期待できる。「トップとは差があるのでしっかり伸ばして行けるようにがんばりたい」とムービングサタデーでの巻き返しを誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>