昨年にクラブ事業からの撤退を決めて今後アパレルとフットウェアに注力していく方針を示していたナイキゴルフが2017年にビッグニュースを発表した。

松山英樹とがっちり握手を交わすジェイソン・デイ
かねてから話題に上っていた世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)とスタッププロとして契約を発表。ローリー・マキロイ(北アイルランド)、タイガー・ウッズ(米国)らと並ぶ大きな看板としてスウッシュマークを背負う。

ナイキは2016年末からウッズ、マキロイらを使用したティザー広告を行い、新たなスタッフプロ発表をにおわせていた。ナイキはリリースと共に1分50秒程度のデイを起用した動画もアップしている。デイは今週開催の「SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ」からナイキの契約プロとしてトーナメントを戦う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>