今季、国内男子ツアーで最も躍進した韓国人プレーヤーは間違いなくソン・ヨンハンだろう。

モテモテ?女子プロから記念撮影を頼まれるヨンハン
ソンは1月の「SMBCシンガポールオープン」で当時世界ランク1位だったジョーダン・スピース(米国)に競り勝ち初優勝。「今年の目標は優勝でしたが、まさか1月に勝つとは」、あっさり目標を達成した。そこから「もう1勝」を目指したが、「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」、「HONMA TOURWORLD CUP」、「三井住友VISA太平洋マスターズ」と「いいプレーはできましたが勝てませんでしたね」と優勝争いには絡んだが2勝目を掴むことはできなかった。

悔しさもあるが、「HSBCでスピースに勝てて自信になりました。早い段階で勝てたので気持ちに余裕もできました。そのまま1年頑張ることができました」と今年は飛躍の年に。賞金ランクも4位に入り、ルックスの良さもありファンも増えた。女子プロからも人気だが、そのことを問うと困ったように笑っていた。

来年狙うのは今年達成できなかった、「複数回優勝です」。そして、「アメリカの試合にも出て、世界ランクを上げたいですね」、米ツアー挑戦も視野に入れている。

「12月は韓国でウェイトトレーニング。シンガポールの試合の1週間ぐらい前にタイに行って、練習して試合に備えます」。ディフェンディングチャンピオンとして迎える開幕戦は来月18日(木)に開幕。「ゴルフはやっぱりショートゲーム。そこを重点的にやっていきたい」、小技を強化し連覇を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>