株式会社デサントとウェア契約を結ぶ渡邉彩香と、同じくデサントゴルフアンバサダーである元サッカー日本代表の中田英寿氏と共に同ブランドのスペシャル企画に参加。「ずっと応援していた」という憧れの選手との初対面が実現した。

美しき飛ばし屋!渡邉彩香フォトギャラリー
静岡県出身ということもあり自他ともに認めるサッカー好きの渡邉。「中田さんにお会いするのは初めてです。小学生のときには中田さんをずっと応援していました」と対面前は試合よりも?!緊張な面持ちだったが、いざ話し始めると徐々に打ち解け、中田氏の提案でラウンドも行った。

共にラウンドする中で渡邉が一番驚いたのが中田氏がドライバーを握らないこと。「私はドライバーが一番得意だから、使わないなんて信じられません(笑)」と驚いた。実際に渡邉のドライバーショットを間近で見た中田氏は「すごい!こんなに飛ばせたら気持ちいいですね!」と思わず感嘆の声。その後も渡邉はドライバーの魅力を中田氏に語ったものの、「僕はやっぱりドライバーは使いません!(笑)」と折れず。「サッカーでもゴールを決めるよりスルーパスの方が好きなように、ドライバーよりアイアンが好きなんです。 もっとアイアンショットを追求していきます。アイアンだけで正確なショットを意識しています。それが自分のゴルフです」と頑なに譲らなかった。

その後は「東京五輪で金メダルを獲りたい」という渡邉の夢の話に。それに対して中田氏は「僕が海外に行ったのは21歳の時。そしてオリンピックもW杯も経験しました。その時から先の目標を見据えるというよりは、毎週の試合をどうしていくのかということを大事にしてきました。今も当時も『自分の理想にどれだけ近づけるか』 ということが自分の目標です」と自分の経験を踏まえて渡邉に語った。

対面後、渡邉は「最初はとても緊張しましたが、中田さんが気さくに話しかけてくださり、打ち解けることが出来ました。中田さんがアイアンショットを追求されてので、私はもっとドライバーショットを極めていきたいと思います。中田さんのお話にもありましたが、今後は、『自分がどうしていきたいのか』ということも考えていきたいと思います」とコメント。対する中田氏は「これまで、他のスポーツのアスリート、特に女性アスリートと話をする機会はあまり多くありませんでし た。実際に渡邉プロにお会いして優しそうで素直だと感じましたが、それよりも頑固だなと(笑)。それはドライバーへのこだわりもそうですし、日本代表への思いもそう感じました。自分を強く持っている方だと思いましたし、こういう人が強くなり世界で戦えるようになるのだと思います」と期待を込めた。

今回の対面の模様はデサントのブランドサイトをはじめ、さまざまなメディアで展開予定となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>