今季3勝を挙げて初の賞金王に輝いた池田勇太が、23日(金)に都内ホテルで関係者、メディアを集めて「池田勇太 2016 感謝の宴」を開催し、海外メジャー「マスターズ」にも出場する来季への意気込みを語った。

7冠のカップを前に笑顔を見せる池田勇太
前日12月22日は31歳の誕生日とあって、スタッフからはサプライズで特大のバースデーケーキが用意されて参加者から祝福を受けた。花束も受け取って驚いた様子で照れくさそうに笑顔を見せた。池田からは1年を支えたチームスタッフにプレゼントが送られて、改めて絆を深めた様子だった。

壇上で意気込みを語った池田は、「来年はメジャーも出られるという中で、(松山)英樹とか見ていてあのステージに行きたいという気持ちもある。メジャーで戦えるというところを自分自身で作っていきたい」と春先の海外でのビッグイベントにまずはフォーカス。続けて、「国内では賞金王になれたんで、これで終わりじゃなくて2017年はまた国内5勝とかを目指していきたい」と来季を見すえていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>