日本でも展開する会員制小売りチェーン「コストコ」と言えば、日用品や食材などを安価に大量購入できることで人気だが、そのコストコのハウスブランドボール「カークランドゴルフボール」が今米国で大きな注目を集めているという。海外ゴルフメディアが報じた。

タイガー・ウッズがボール契約したのは…
このボールは発売後数週間で売り切れた後、現地時間12月20日にウェブサイトで在庫が補充されたが30分ほどで売り切れた。コストコのウェブサイトはこのゴルフボール目的とみられるアクセス集中によりトラブルも発生しコストコは会員向けに謝罪メールを送信した。

ではなぜカークランドゴルフボールがこれほど人気を集めているのか。通常のゴルフボールと比べて極端に安い24個(2ダース)で29.99ドル(約3,500円)という値段もさることながら、ツアーボール並みの性能を有していることもポイントだ。

4層のマルチレイヤー(多層)構造でウレタンカバーを採用し、高い飛距離性能とスピン性能を実現しており、ウェブ上で公開された某有名ゴルフボールとの比較データも話題を呼んだ。製造は韓国のゴルフボールメーカー「ナッソー」とされている。

今月に入ってからバッバ・ワトソン(米国)がこちらも韓国のゴルフボールメーカー「ボルビック」と契約するとの噂が流れたが、2017年はこれらのメーカーがゴルフボールの勢力図を動かすこととなるだろうか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>