12月18日(日)、東京都新宿区の小田急ハルクで現在開催されている『ハルクスポーツゴルフフェスタ』のジュンアンドロペのイベントに三ヶ島かなが来季への意気込みを語った。

【関連写真】イベントの模様も網羅!三ヶ島かなフォトギャラリー
QTの資格で出場した今季は賞金ランク55位。シードを獲得することはできなかったが、「今年やってきたことをやればQTは大丈夫だと思ってた。まさかトップだと思わなかったけど」とファイナルQTで1位に入り来季の出場権を獲得した。

初めてフル参戦した2016年シーズンで学んだことは多かった。「戦うペースだったり、コースの芝とかグリーンの状態を把握することができました。来年も同じところは多いと思う。しっかりと経験したことを活かしていきたい」。目標であるシード獲得に向けて確実に前進した手ごたえはある。

そんな新シーズンに向けて今回のオフも“番長”こと元横浜DeNaベイスターズの三浦大輔らと共にトレーニングに励む予定だ。「三浦さんは引退されたのでサポート側に回るそうですが、それ以外の4人の選手と一緒に頑張ります。違うスポーツの選手と一緒にやるのはとても刺激を受けますし、“こんなにきついことやるのか”と自分に鞭を打てる」。トレーニングだけでなく食生活などすべての面をどん欲に吸収する構えだ。

「来年こそシードを獲得できるように頑張りたい」と目標を語った三ヶ島。ストイックな番長のエッセンスを今年も取り入れながら開幕戦への準備をしていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>