12日(月)、本間ゴルフと契約するキム・ハヌルは山形県にある同社の酒田工場を訪問。社員から「ウスチュカムニダ!(優勝おめでとう)」と声をかけられ、「ここに来るといつも感動をもらえる」とはにかんだ笑顔を見せた。

美麗!スマイルクイーン・ハヌルのフォトギャラリー
 今回の訪問についてハヌルは、「ツアー現場にいるスタッフの方とはいつも顔を合わせていますが、酒田工場で細かい調整をしてくれている皆さんに挨拶できていませんでした。ここに来て、感謝の気持ちを伝えたかったのです」とコメント。昨年スケジュールが合わずに酒田工場を訪問できなかったこともあり、今年は必ず来ると心に決めていたという。

 「本間のスタッフさんは、開幕戦の練習ラウンドから一緒について私を見守ってくれました。私が打っている姿を見て、“そのクラブはどうですか?”“なにか気になる点はありますか?”とクラブを入念に調整してくれたのです。本当にいつも助けられています」。同社の助けもあってか、今季のハヌルは、開幕戦から好調を維持し、賞金ランキング4位に躍進。ツアー最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」では初のメジャー優勝も果たした。

 「私は特別数字を気にするタイプではありませんが、来年は今年を上回る賞金ランク3位以内を目指したい。あと今年は2勝できたので、来年は3勝以上が目標です」と来季の抱負を語ったハヌル。この日は、社員による歓待を受けた後は、隣接する研究センターに移動し、新モデルの性能を入念にチェックした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>