12月9日(金)、都内のスタジオにてフジテレビ系『The 世界力 〜渡辺謙×錦織圭×松山英樹(12月30日放送)』の収録が行われ、ゴルフ界、テニス界を担う若きスターが初競演。収録後の記者会見では互いにそれぞれの印象を語った。

【関連】松山英樹の印象を語る錦織圭\\
 まずは錦織の松山の印象は「意外な部分もありましたけど、本当に自然体な感じ。いままでの彼の生き方が少しだけ見えたような気がします。世界で活躍をしていて僕は近いものを感じていて。ランキングが近いこともあったし、スポーツは違えど、アメリカで戦っていたり、昔から近いものを彼には感じていたのでこうやって直にあえてよかったですね」。

 それを受けた松山は「(錦織の)印象はあまり変わらなかったです。芯というか、軸がしっかりとしているな」と話したが、今回の企画の話を受けた段階は少し不安があったとか…。「オファーを頂いたときは僕の世界ランキングが15位前後、その時は全然かなわないな、と思っていましたが、そのあとの試合で少し近づけたのでよかったなと思います」。ここ2か月の活躍で自身の世界ランクが6位に上がり、現在世界4位に錦織との差を埋められたことが良かったと語った。

 また、聞き手を務めた渡辺謙は「価値観、文化が違う場所でベストパフォーマンスをするには、ものすごい繊細な部分と、ものすごい鈍感な部分の両方を持ち合わせないといけないと思う。僕が(海外で)仕事をするなかで、二人ともすごくバランスをとっている気がします。会ってみてそれを再確認できました」と若きスター達を賞賛し、二人に今後の活躍を願った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>