イ・ボミ(韓国)の2年連続となる賞金女王、MVPの2冠達成で幕を閉じた2016年シーズン。各スタッツの上位者を数字を見ながら振り返りたい。

 1ラウンド当たりの平均バーディー数(※イーグル、アルバトロス(ダブルイーグル)は含まない)で1位となったのは鈴木愛。平均パット数でも1位に輝いたパット巧者が平均バーディ数でも頂点に輝いた。

 2位に輝いたのは申ジエ。クラッチパットをことごとく決める名手は今年もパターでたくさんのバーディを生み出したが、今シーズンは鈴木に軍配が上がった。

 3位はボミ、4位はテレサ・ルー(台湾)。前半戦で1位に立っていた渡邉彩香は後半戦の不振が響き5位で終わっている。

【平均バーディー数ランキング】
1位:鈴木愛位:3.7374個
2位:申ジエ位:3.7126個
3位:イ・ボミ位:3.6067個
4位:テレサ・ルー位:3.5926個
5位:渡邉彩香 3.5051個
6位:キム・ハヌル 3.4526個
7位:笠りつ子 3.4019個
8位:成田美寿々 3.3333個
9位:菊地絵理香 3.2404個
10位:全美貞位:3.2292個
11位:アン・ソンジュ 3.1875個
12位:松森彩夏 3.1731個
13位:ペ・ヒギョン 3.1262個
14位:穴井詩 3.1215個
15位:吉田弓美子 3.0972個

<ゴルフ情報ALBA.Net>