イ・ボミ(韓国)の2年連続となる賞金女王、MVPの2冠達成で幕を閉じた2016年シーズン。各スタッツの上位者を数字を見ながら振り返りたい。

【関連写真】上位3人の貴重なプライベートショット!
1ラウンド当たりの平均ストローク数【(ストローク数×72÷コース所定パー)÷ラウンド数】のトップはやはりボミ。目標としていた60台には届かなかったが、70.0922 という数字はツアー制施行後史上最少の数字となる。

2位、3位には同じく今季好調の申ジエ、キム・ハヌル(共に韓国)。日本人最上位の4位に笠りつ子が入った。

1位となったボミだけでなく5位のテレサ・ルー(台湾)らも一年の目標に掲げる数値である平均ストローク。来年はどんなランキングとなるか。

【平均ストロークランキング】
1位:イ・ボミ 70.0922
2位:申ジエ 70.4709
3位:キム・ハヌル 70.5273
4位:笠りつ子 70.7214
5位:テレサ・ルー 70.7915
6位:鈴木愛 70.8086
7位:アン・ソンジュ 70.8438
8位:菊地絵理香 71.3376
9位:吉田弓美子 71.4028
10位:全美貞 71.5548

<ゴルフ情報ALBA.Net>