<LPGA新人戦 加賀電子カップ 最終日◇9日◇グレートアイランド倶楽部(6,526ヤード・パー72)>

今季のプロテスト合格者21名で争われた「LPGA新人戦 加賀電子カップ」の最終日。4位タイから逆転優勝を狙った蛭田みな美は4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“73”とスコアを伸ばすことができなかった。この日は強風で多くの選手がスコアを落としたため順位は2位に上がったが、優勝した高橋恵には4打及ばなかった。

みんなおめでとう!今季プロテスト合格者、涙と笑いのフォトギャラリー
「3パットが痛かったです」。後半はバーディを先行させ、14番でもスコアを伸ばしたが15番パー5で痛恨の3パット。この日は「昨日よりは素直なコロがりだった」が、初日同様パッティングに苦しみ、栄冠を逃してしまった。

アマチュア時代の実績からプロテストも上位で受かるかと思われたが、今年の夏ごろはショットの不振で薄氷の合格に。「苦しい1年でしたが、オフに頑張って来年はいい1年にしたい」と抱負を話した蛭田。2012年から中嶋常幸が主催するジュニア育成プログラム「トミーアカデミー」に参加しているが、来週はその合宿に合流。中嶋から直々に指導を受ける予定だという。

オフの間にまず取り組むのは「トレーニングです。体幹を鍛えて1年間戦える体を作らないと」。ファイナルQTで23位に入り、来季はツアーにフル参戦。3月の開幕戦までにしっかりと戦える身体を作り上げる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>