<ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>

国内男子ツアー最終戦『ゴルフ日本シリーズJTカップ』3日目、ディフェンディングチャンピオンとして参戦し、連覇を狙う石川遼は、3日間を終えてトータル6アンダー・5位タイに浮上。首位につける小平智とは5打差あるものの「明日やるべきことをやればチャンスはあると思います」と、逆転勝利への抱負を語った。

盟友・松山英樹と共にW杯へ挑んだ石川
トータル2アンダー・14位タイからスタートした石川は、4バーディ・ノーボギープレーの“66”でラウンド。この日のベストスコアを出したものの「ボギーを打たなかったのはアプローチとパターで耐えたからです」とグリーンを狙うショットには合格点を与えられないと課題を語る。

今大会は大会前日のプロアマ戦から本格テストしたドライバーを3日間実戦投入。契約するキャロウェイ社のブランド『RAZR シリーズ』の初期モデルを活かしたプロトタイプだが「振りぬきが良くなった。3日間で平均点以上。先週のワールドカップ(以下W杯)でこの状態なら足を引っ張らずにすんだのにな」と感触を得ている様子。

だがアイアンショットは…「3日間30点くらいですね。距離感も方向性も合わない。最後の17番、18番は合っていましたが…。4番のセカンドショットでラフから打ったときにヒントはあったのですが、フェアウェイから打ったらまた上体が被ってしまう」と、今大会は“ラフからのほうが上手く打てる”という状況だ。

W杯では「(松山)英樹からスペシャルレッスンをもらった」と石川。「(ヘッドが)上から入りすぎている感じが自分でもありましたが、英樹と話していたら“そうだと思うよ”と見ていてくれたみたいで。自分の感覚と周りの目とのギャップがないことがわかったので。次に英樹にあったときに“良くなったね”と言われるようにしたい」と修正点を確信し、取り組むべきことは見えている。

ショット精度の追究は今大会以後も続いていく事案。だが最終日に“チャンスはある”という言葉には“調子のいいドライバーショットとアイアンが噛み合えばビッグスコアも…”という自身への期待が込められていることだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>