<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇4日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>

 国内男子ツアー最終戦『ゴルフ日本シリーズJTカップ』3日目をかけてトータル11アンダー・首位に立っているのは小平智。そして3打差の2位タイには池田勇太がつけ、最終日最終組でともに“ジャンボ超え”をかけて戦うこととなった。

哀愁を帯びた後姿…皆がこの背中を追いかけてきた
 現在賞金ランク首位の池田勇太。谷原秀人が優勝を逃せば賞金王確定、仮に優勝したとしても自身が単独3位以上に入れば自力確定という状況だが、「2016年を締めくくる上で悔いの残らないプレーをしたい」と当然今季4勝目を狙っている。

 池田の現在の獲得賞金額は197,497,703円で、優勝すれば伊澤利光が持つツアー年間最高獲得賞金記録を抜いて記録更新。また国内のみ(海外メジャー含まず)のツアー年間最高獲得賞金でも尾崎将司の記録を抜くことになる。

 小平にかかる新記録は“最年少メジャー3冠記録”。現在、尾崎将司が持つ27歳248日の記録を27歳84日で更新することになるだけに「『日本プロ』がダメだったのでココしかない。もともと好きなコースですし(東京は)地元で狙っていましたから。優勝したい」と意気込む。

 連覇に挑む石川遼、逆転賞金王へ優勝しかない谷原などが勝負をかけてくるなか、小平、池田はジャンボ超えを達成することができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>