<THE QUEENS presented by KOWA 2日目◇3日◇三好カントリー倶楽部 西コース(6,500ヤード・パー72)>

2日連続での総大将撃破はならなかった。昨日に引き続きコンビを組んだ大山志保と鈴木愛は、昨日も戦った韓国ツアーチームの申ジエ組と対戦。4&2で敗れた。

吉田弓美子カメラマンが潜入!?前夜祭のアレコレを激写!
初日とはパートナーが変わったとはいえ、ジエ率いる組が最強チームであることには変わりない。「今日も必ず勝つ」という強い気持ちで臨んだが、1UPで迎えた10番から相手に3連続バーディを奪われ逆転を許すと、その後も向こうの勢いを止められない。15番パー5では鈴木のイーグルのチャンスが訪れるも、わずかに外れてスコアを縮められず。次の16番でバーディを奪われて敗北が決定した。

「まだまだいける可能性があった。これからというところだった」と歯がゆい表情を見せる2人。勝負を分けたのは勢いの差だった。「11番でジエが外から入れてきて。それで流れがいっちゃったかな(大山)」。世界のツアーで計44勝を誇るレジェンドの勝負強さに、昨日から守り続けた主導権を奪われたのが敗因だと分析した。

悔しさも募るが明日への希望が見えた1日でもあった。「2人とも良いゴルフはしていた。チームで4アンダーですから(大山)」と調子は上向き。「悔しい。明日は絶対に勝ちます(鈴木)」。日本が誇る2人のガッツマンに更なる火が付いた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>