<ヒーロー・ワールドチャレンジ 3日目◇3日◇アルバニーGC>

日に日に復活への期待感は高まっている。2日目に“65”を叩きだして急浮上を果たしたタイガー・ウッズ(米国)は7バーディ・3ボギー・1ダブルボギーと出入りの激しい内容ながら2つスコアを伸ばし、トータル8アンダーの10位で最終日を迎えることとなった。

松山英樹インタビュー!首位に並んだ松山が意気込みを語る
前日には全盛期を思わせるようなガッツポーズも飛び出してギャラリーの歓声を誘ったウッズだが、この日も魅せた。1番からいきなり3連続バーディを奪うど派手なスタートを切ると、5番ではグリーン右サイドからのバンカーショットを直接放り込んでチップインバーディ。右手人差し指を高く掲げて世界ナンバー1カムバックをアピールした。

後半は最終18番のダブルボギーなどで2つスコアを落とす結果となったが、ショットのキレはもちろん、かつてアプローチイップスと噂されたグリーン周りもまったく不安を見せないパフォーマンス。最終日、さらなるチャージは見られるか。

【3日目の順位】
1位:松山英樹(-19)
2位T:ダスティン・ジョンソン(-12)
2位T:ヘンリック・ステンソン(-12)
4位T:マット・クーチャー(-11)
4位T:ブラント・スネデカー(-11)
6位:リッキー・ファウラー(-10)
7位T:ルイ・ウーストハウゼン(-9)
7位T:ジョーダン・スピース(-9)
7位T:J・B・ホームズ(-9)
10位:タイガー・ウッズ(-8)

<ゴルフ情報ALBA.Net>