千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブ 東コースで開催されている、来季の出場権をかけた女子ファイナルQTは第3ラウンドを終えて、トータル10アンダーまでスコアを伸ばしたベイブ・リュウが単独首位に浮上した。4打差の2位に福田裕子、トータル5アンダーの3位タイにジョン・ジェウン、武尾咲希、西木裕紀子がつけている。

来季もツアーで見たい!有村智恵のフォトギャラリー!
ユン・チェヨン、イ・ミンヨン(共に韓国)、山田成美がトータル4アンダーで6位タイ。三ヶ島かならがトータル3アンダーで9位タイとなっている。来季の出場権を狙う新たな韓流美女ゴルファー、アン・シンエはトータル3オーバーの37位タイとギリギリの位置にいる。

有村智恵はこの日1つスコアを伸ばし、トータルイーブンパーの20位タイとシード圏内に浮上。香妻琴乃はトータル5オーバーの48位タイから最終日18ホールでの巻き返しを図る。2013年賞金女王の森田理香子はトータル6オーバーの57位タイと厳しい位置で最終日を迎える。

ファイナルQTは72ホールストロークプレーで行われ、例年38位以内に入れば来季のほぼ全試合への出場権を獲得する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>