<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇26日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

ここまでの3日間晴れ空の元行われてきた「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」だが、最終日の天気は雨予報。多くの選手が顔をしかめる中、トータル3アンダー・5位タイにつける渡邉彩香は「降るなら降ってほしい。ラウンドできるくらいなら」と歓迎ムードすら見られた。

ツアー屈指の飛ばし屋、美人ゴルファー渡邉彩香フォトギャラリー
理由は「苦手意識がないから」。事実、自身2勝目となった昨年の「ヤマハレディース」での逆転優勝は強い雨の中でのもの。何よりもキャリーの飛距離が出る渡邉にとって、ランが出ないフェアウェイは大きなアドバンテージだ。

「ショットは昨日より良かったし、もうちょっとだと思う」とゴルフの調子にも手ごたえがある。首位とは6打差あるが、得意の荒天となれば大逆転優勝も大いにあり得る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>