<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 2日目◇25日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>

大会2日目の競技形式は互いのスコアの良いほうを採用するフォアボール。初日よりもスコアを大きく伸ばすチームが続出したが、我らが松山英樹&石川遼の日本チームも“65”をマーク。スコアを7つ伸ばしトータル6アンダー8位タイでフィニッシュした。

歓喜のグータッチ!石川&松山コンビが躍動
日本チームは4番で松山がバーディを先行させる好発進。7番ではティショットを隣接している1番のフェアウェイに置くと、150ヤードを7番アイアンでピン奥約4メートルにつけバーディを奪取。プロアマ戦でも1番のフェアウェイを利用していたが、この日も同じ“奇策”でスコアを伸ばした。9番では石川が2メートルのバーディパットを決め、トータル2アンダーで折り返す。

後半は11番で松山がチップインバーディを奪取。7番同様に力強いガッツポーズを見せた。そして続く12番パー5では石川が77ヤードの3打目を30センチにつけて連続バーディ。チームでスコアを伸ばしていく。その後は14番パー5で石川が122ヤードの3打目をピッチングウェッジで2.5メートルにつけバーディを奪取。最終18番では石川が8メートルのバーディパットをねじ込み、値千金のバーディ締め。明日につながるいい形で2日目を終えた。

「あんまりいいところなかったですけど、チームでボギーは無かったので。それは良かったと思う」とこの日を振り返った松山。石川は18番について「絶対に獲りたかった。セカンドはミスショットだったのですが、パターでカバーできて良かった」と笑顔を見せた。

2日目を首位と6打差で折り返した日本チーム。2人とも決して好調とは言えない中でのこの位置、「自分たちのパフォーマンスの最大限を出せば、逆転の可能性はある」(松山)、「今は順位を気にせず、最終日のバックナインにいい感じでもっていければ」(石川)と力強く言い切っていた。明日は初日1オーバーとしたボールを交互に打つフォアサム形式で戦う。「また作戦会議して、初日の反省や課題もふまえて、明日はどうやっていくかをみんなで話したい」(石川)。明日スコアを伸ばすことができれば、逆転の可能性は格段に上がる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>