<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇25日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の2日目。全選手がホールアウトし、昨年覇者の申ジエ(韓国)がこの日7つのバーディを積み上げ単独首位に躍り出ている。

現地の様子を生配信!気になる選手はライブフォトでチェック
 出だしから3連続バーディの好スタートを切ったジエは、その後もきっちりとパーセーブでバーディを先行し、12番で唯一ボギーを叩いた後の13番でバーディを奪いバウンスバックするなど貫禄のラウンド。この日7バーディ・1ボギーでトータル7アンダーまでスコアを伸ばし、大会連覇・今季4勝目へ最高の位置で週末を迎える。

 3打差2位にキム・ハヌル(韓国)、4打差3位に鈴木愛、渡邉彩香が続いている。6番で今大会通じて初イーグルを奪ったイ・ボミ(韓国)は、1イーグル・1バーディ・2ボギーで1つスコアを伸ばし、トータル1オーバー15位タイにつけている。また、今季のMVPの座をかけて臨んでいるメルセデス・ランキング2位の笠りつ子は、この日1つのバーディも奪えずスコアを3つ落とし、トータル10オーバーで初日に続き最下位から抜け出せずにいる。

【2日目までの順位】
1位:申ジエ(-7)
2位:キム・ハヌル(-4)
3位T:鈴木愛(-3)
3位T:渡邉彩香(-3)
5位:李知姫(-2)
6位T:P・チュティチャイ(-1)
6位T:大山志保(-1)
6位T:大江香織(-1)

15位T:イ・ボミ(+1)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>