<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇25日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の2日目。全選手がハーフターンし、出だしの1番から3連続バーディを奪った昨年覇者・申ジエ(韓国)がトータル4アンダーで単独首位に立っている。

現地の様子を生配信!気になる選手はライブフォトでチェック
 1打差2位タイには、共に前半上がりの9番でイーグルを奪取したキム・ハヌル(韓国)と堀琴音の同組2人、鈴木愛、P・チュティチャイ(タイ)が続いている。2打差6位タイに大山志保、李知姫(韓国)、3連続ボギーでスコアを落とした渡邉彩香らが続いている。

 賞金女王のイ・ボミ(韓国)は6番でのチップインイーグルなどでスコアを1つ伸ばし、トータル1オーバー14位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>