<カシオワールドオープン 初日◇24日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

2アンダーの5位タイで初日を終えた小平智は、思わぬトラブルからの脱出で流れに乗った。INから出て迎えた18番パー5。小平が3番ウッドで放ったセカンドショットは、グリーン右手前にあるヤシの木に当たって行方を失った。

小平と古閑美保の仲良し2ショット
落ちた形跡がないため、大捜索の末に木の上にあるのを発見。ボール捜索時間の規定となる5分が過ぎる10秒前のことだった。アンプレヤブルで1罰打を受けて、そこから4打目は「もうだめだと割り切って打ったら良かった」と手前1メートルに寄せてパーをセーブした。

「あれで後半の流れが良くなった」と後半は2バーディ。「1番では15メートルのグリーンを出ちゃうようなパットが入ってくれて。もう(キャディに)サンドウェッジくださいって言おうとした」というロングパットを沈めると、7番でも奥から下りの6メートルを寄せに行ったパットがコロりと入ってスコアを伸ばした。

今大会から、愛用のブレードタイプのパターから両サイドから角が突き出たようなマレットタイプの「スコッティキャメロン X5」にスイッチした。ロングパットのタッチはまだ出ていないが、「2、3メートルのパーパットが良く入った」と多くの選手が苦しんだグリーンを攻略。マレットタイプの使用は約1年ぶりというが、ボギーは前半の1つにとどめるなど尻上がりに調子を上げた。

大一番の続く秋の陣は「ブリヂストンオープン」で優勝。「三井住友VISA太平洋マスターズ」で3位タイ、「ダンロップフェニックス」で9位と好調を維持している。特にここ2戦は決勝ラウンドで70台を打たずに順位を上げてフィニッシュしているだけに「それをモチベーションにして頑張れる」と手ごたえもある。「残り2試合中1試合は優勝したい。来週も得意なコースですし狙っていきたい」。今大会は2014年に3位タイに入った実績も残している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>