<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇24日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

 宮崎カントリークラブにて開幕した国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」。その初日、今季の賞金女王イ・ボミ(韓国)は2バーディ・4ボギーと苦しみ2オーバーの19位タイ発進となった。

ドレス姿も!総数500枚以上のイ・ボミフォトギャラリー
 風速9.1mの風には女王もお手上げだった。「良いショットを打ったらオーバーして、それならばと打ったら手前ばかり。チャンスがないからスコアメイクができなかったですね」。最終18番では残り94ヤードの3打目を、アゲインストの風で寄せきれず。結局10m以上のパーパットを残しボギーフィニッシュとなった。

 今日の反省は「風を考えすぎたらだめかな」と簡単に行き過ぎてしまったこと。「ショットは悪くないので、しっかりと考えて良いイメージを作ってからアドレスに入りたい」と課題は明確だ。

 光明はショートゲーム。グリーンを外すことが多かったが「練習しておいてよかった(笑)」といつもと違うティフトン芝からのアプローチをことごとく寄せてトラブルとしなかった。ショットがかみ合ってくれば、一気に上位進出も見えてくるはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>