<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 初日◇24日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>

終盤に見せ場を作った日本チームがまずまずのスタートを切った。松山英樹と石川遼の日本チームは前半で3オーバーまでスコアを落としてしまったが、後半では2つ伸ばし1オーバー10位タイにつけた。

巨大なパイソンとどや顔ファウラー
石川が出だしは「緊張して、バタバタしてしまった」とラウンド後に話したように、前半は会話が少なかった日本チーム。石川はショットが、松山はパッティングが思わしくなく2番パー3から連続ボギー、4番で1つ取り返したが、6番パー3では痛恨のダボを叩き、3オーバーまでスコアを落としてしまった。

チームの雰囲気が変わったのは10番。石川が5番アイアンで確実にフェアウェイに置くと残り112ヤードを松山がスピンの効いた球で1メートルにつけバーディを奪取。やはりゴルファーにとってはバーディが一番いい薬。ここで少し息を吹き返すと、14番パー5はボギーとしてしまったが、15番パー3で石川が手前のカラーから6ヤードをパターで決めてバーディ。グータッチで喜びを分かち合った。

そして続く16番では石川が約8メートルのバーディパットをねじ込み、2人ともガッツポーズ。その後はスコアを伸ばせず、「本当はイーブンで終りたかった」(石川)と目標まで1打届かなかったが、首位と4打差の10位と好位置につけた。

お互い、本調子とは言えない状態だったが出だしでつまずくことなく初日を終えることができた。終盤には会話も増え、チームワークも良くなっているように見えた。「あとはお互いがもう少しいい状態になれば、噛み合ってくると思う」(松山)、「3オーバーまでいったけど、このフォーマットで2打戻せたのは大きい」(石川)と2人とも手ごたえを得た様子だった。

明日は2人のスコアの良いほうを採用するフォーボール形式。「お互いが違うホールでバーディを獲るようにできれば」(石川)。4打差を縮めることは、2人なら十分に可能だろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>