<ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ 初日◇24日◇キングストン・ヒースGC(7,111ヤード・パー72)>

「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」がオーストラリアにあるキングストンヒースGCで開幕を迎えた。現地は早朝に雨が降ったものの、天候は回復し晴天。南からの風が強く吹くコンディションとなっている。大会3度目の制覇を狙う優勝候補の松山英樹、石川遼の日本チームは、ニュージーランドチームと同組でティオフを迎えた。

代表選手と親睦を深める石川と松山 
この日は赤いパンツに白いポロシャツという日の丸カラーでウェアを統一。1つのボールを交互に打つフォアサムダブルスの初日は、松山英樹が1番ホールの第1打を担当しドライバーでフェアウェイをとらえた。石川が打ったセカンドはピン右10メートル。松山が寄せてスタートホールはパーとした。

現時点では1アンダーのフランスとデンマークチームが首位。オーストラリア、米国チームはそれぞれ1オーバーとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>