12月17日(土)に放送予定の「京セラ フェニックスチャレンジ」の収録が、宮崎県にあるトム・ワトソンゴルフコースで行われた。今回は小平智、宮本勝昌、笠りつ子、青木瀬令奈、香妻琴乃に加えて前日まで「ダンロップフェニックス」に出場した、海外招待選手のスマイリー・カウフマン(米国)も参加した。

「マイナビABCチャンピオンシップ」のプロアマ戦でも見られた小平と古閑の2ショット
 競技は小平、笠ペア、カウフマン、青木ペア、宮本、香妻ペアに分かれて実施。5ホールで勝敗を決する。ショットはペアが交互に打つ形式で行われ、1番でティショットを担当したカウフマンは持ち前の飛距離を発揮して周囲をどよめかせていた。

 収録にはMCとして武井壮、小平と交際を続けている古閑美保が参加し仲良く2ショットで会話する場面もあった。また、来季のシード確保はならずに涙した香妻もこの日は明るい表情で収録に参加していた。

 「京セラ フェニックスチャレンジ」は12月17日(土)の14:00〜15:24にMBS/TBS、CBC、HBC、RKB、MRTほかネットで放送される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>