<RSMクラシック 最終日◇20日◇シー・アイランド・リゾート(7,005ヤード・パー70)>

 米国ジョージア州のシー・アイランド・リゾートにて開催された米国男子ツアー「RSMクラシック」はヘンリック・ノーランダー(スウェーデン)、ブレイン・バーバー(米国)、ビリー・ホーシェル(米国)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)、マッケンジー・ヒューズ(カナダ)の5人がトータル17アンダーで首位で並びプレーオフへと突入する展開となった。

日本勢の米での奮闘を写真でチェック!
そのプレーオフは18番で行われた1ホール目でホーシェルがボギーを叩き脱落。同ホールで行われた2ホール目は全員パーとして、迎えた17番で行われる3ホール目で日没のためサスペンデッド。勝負は月曜日に持ち越しとなった。

日本勢で唯一出場している岩田寛は2バーディ・3ボギーと今日も苦しみトータル8アンダーの36位タイで大会を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>