<ダンロップフェニックス 最終日◇20日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 宮崎県のフェニックスカントリークラブにて開催中の国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の最終日。全選手がホールアウトし、世界ランク21位のブルックス・ケプカ(米国)がトータル21アンダーで日本初参戦初Vを勝ち取った。

賞金レースが白熱!男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 前半で5つのバーディを奪い、2位の池田勇太に5打差を付けてサンデーバックナインに入ったケプカだったが、池田が13番から3連続バーディを奪取。一時は首位に並ばれるが、17番でバーディを奪い、再び単独首位に立つと18番をバーディで締め、追撃を振り切った。

 左肩痛を押して出場している池田はトータル20アンダー2位でフィニッシュ。18番でバーディを奪うなど後1歩までケプカを追い詰めたが、わずかに及ばなかった。

 首位から7打差3位にカート・バーンズ(オーストラリア)、8打差4位タイにジャスティン・トーマス(米国)、崔虎星(韓国)が続いた。

 賞金ランク首位に立つ谷原秀人はこの日3バーディ・2ボギーとスコアを1つ伸ばし、トータル10アンダー6位タイでフィニッシュした。

【最終日の結果】
優勝:ブルックス・ケプカ(-21)
2位:池田勇太(-20)
3位:カート・バーンズ(-14)
4位T:ジャスティン・トーマス(-13)
4位T:崔虎星(-13)
6位T:ブラッド・ケネディ(-10)
6位T:谷原秀人(-10)
6位T:藤田寛之(-10)
9位:小平智(-9)
10位:小田龍一(-8)