<RSMクラシック 2日目◇18日◇シー・アイランド・リゾート(7,005ヤード・パー70)>

 米国ジョージア州のシー・アイランド・リゾートにて開催中の米国男子ツアー「RSMクラシック」は2日目の競技が終了。単独首位から出たマッケンジー・ヒューズ(カナダ)は、この日プランテーションコースをラウンド。5バーディ・ノーボギーの“67”をマークし、スコアを5つ伸ばしトータル14アンダーでフィニッシュ。首位の座を守り、大会を折り返した。

米国で戦う日本の侍たちの熱いフォトギャラリー!
 2打差の2位にはC・T・パン(台湾)、3打差の3位タイグループにはチェッソン・ハドリー(米国)、ハドソン・スワフォード(米国)ら4選手がつけている。

 日本勢で唯一この大会に出場している岩田寛は4位タイからスタート。前半で1つ伸ばして折り返すと、後半も10番でバーディが先行。15番パー5、17番パー3でもスコアを伸ばしたが、最終ホールでこの日唯一のボギーを叩きホールアウト。スコアを3つ伸ばしトータル10アンダー、順位は7位タイに後退したが首位とは4打差と好位置で予選を突破した。

【2日目の結果】
1位:マッケンジー・ヒューズ(-14)
2位:C・T・パン(-12)
3位T:チェッソン・ハドリー(-11)
3位T:ハドソン・スワフォード(-11)
3位T:チャド・キャンベル(-11)
3位T:ブレイン・バーバー(-11)
7位T:ビリー・ホーシェル(-10)
7位T:ラッセル・ヘンリー(-10)
7位T:岩田寛(-10)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>