<ダンロップフェニックス 2日目◇18日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

 宮崎県のフェニックスカントリークラブにて開催中の国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の2日目。全選手がホールアウトし、池田勇太、ブルックス・ケプカ、スマイリー・カウフマン(共に米国)の3人が首位に並んでいる。

池田と谷原の賞金王争いが白熱!男子ツアーをフォトでチェック
 賞金王を谷原秀人と争う池田は、前半の3番でホールインワンを達成。その後も勢いに乗ってスコアを伸ばし、トータル7アンダー首位タイまで浮上。悲願の賞金王をかけて週末に挑む。首位を走っていた谷原は12番でのトリプルボギーが大きく響き、トータル5アンダー5位タイに後退している。

 トータル6アンダー4位に藤田寛之、トータル5アンダー5位タイに谷原の他、ジャスティン・トーマス(米国)、H・W・リュー、崔虎星(共に韓国)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>