<RSMクラシック 初日◇17日◇シー・アイランド・リゾート(7,005ヤード・パー70)>

米国ジョージア州のシー・アイランド・リゾートにて米国男子ツアー「RSMクラシック」が開幕。その初日、シーサイドコースを回ったマッケンジー・ヒューズ(カナダ)が“61”を叩きだし、9アンダーで首位スタートを決めた。

【関連】米ツアーの最新情報を写真でチェック!
1打差の8アンダー・2位タイはスチュワート・シンクとジョナサン・バード(共に米国)。7アンダーの4位タイグループには日本勢で唯一出場している岩田寛、キャメロン・トリンゲール(米国)、カイル・スタンリー(米国)、ブレイン・バーバー(米国)の4人がつけている。

プランテーションコースで初日を迎えた岩田は13番でバーディを先行させると、16番でイーグルを奪取。ボギーを1つ挟んで迎えた後半には5バーディを奪取。昨年、2打差発進を決めた好相性大会で今年も良い滑り出しを見せた。

今大会はシー・アイランド・リゾートのシーサイドコースとプランテーションコースの2つのコースを使用して開催される。今日プランテーションコースをラウンドした岩田は、2日目はシーサイドコースから更なる上位を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>