<大王製紙エリエールレディス 事前情報◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,474ヤード・パー72)>

 11月17日(木)に開幕する国内女子ツアー『大王製紙エリエールレディス』。今大会はシード争いの大一番であると同時に、最終戦『リコーカップ』への出場をかけて戦いも…。青木瀬令奈(26位)、柏原明日架(30位)、上田桃子(31位)ら届きそうな選手にとっては絶対に結果を出したい試合だ。

熱戦となった伊藤園レディスをフォトギャラリーでプレーバック
 柏原は本大会はコースが違うとはいえ昨年のシード争いの苦い経験が蘇るというも、今季は最終戦出場にあと一歩でこぎつける位置に。「去年に比べればいい位置にいますが、今年はいまの時点ではリコーカップ出場へ微妙な位置にいるので。しっかりいいゴルフしたいという気持ち」と意気込む。

 開幕前に掲げた“1勝してリコー出場”を諦めておらず、「本当に来年はギリギリの位置にはいたくないなって思っています。今週も優勝をまだあきらめていませんし、最後まで目標に」と、現在賞金ランク25位の位置にいる穴井詩(すでに優勝の権利で出場権獲得)をかわるには、単独8位以上が最低条件だが、争うライバルたちの動向次第で変化するだけにあくまで優勝で出場権を勝ち取る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>