<三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日◇13日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

国内男子ツアー『三井住友VISA太平洋マスターズ』最終日。単独首位からスタートした松山英樹は最終日もスコアを3つ伸ばし、2位に7打差をつける圧勝劇で「日本オープン」に続く、日本ツアー2連勝を飾った。

【関連ニュース】松山英樹、気になるドライバーの選択は…?
ソン・ヨンハン(韓国)、朴相賢(韓国)との最終組からでた松山は、6番でダブルボギーを叩いたものの、その分バーディも量産。最終18番では2打目を池に入れたが、もう少しでチップインバーディというアプローチを見せて難なくパーセーブ。計7つのバーディを積み上げて4日間の合計スコアはトータル23アンダー。2004年にダレン・クラークが記録したトーナメントレコード・22アンダーを上回る新記録を叩きだした。

優勝インタビューで松山は「疲れました。6打差からスタートして、3打差になりましたが、そのあと良いプレーができました。日本ツアーの記録は28アンダーなので今日、“63”を出せばと頑張りましたが、なかなか上手くいかなかったですね。今日のプレーはギャラリーの期待に応えらたかは分かりませんが、4日間を通したらできたかなと思います。この御殿場では5年前の同じ日に優勝しましたが、成長しているかわかりませんが、メジャーで優勝できるように練習します。これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

2位にはトータル16アンダーのヨンハン。トータル15アンダーの3位タイにはS・H・キム(韓国)、小平智の2人が入った。

【最終結果】
優勝:松山英樹(-23)
2位:ソン・ヨンハン(-16)
3位T:S・H・キム(-15)
3位T:小平智(-15)
5位:宮里優作(-14)

<ゴルフ情報ALBA.Net>