<伊藤園レディス 初日◇11日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>

 今週から一風変わったパターを投入したオリンピアン、大山志保は16ホールまでを消化しスコアを4アンダーまで伸ばした。テレサ・ルー(台湾)と並び、暫定首位につけている。

イ・ボミ、畑岡奈紗のプレーをライブフォトでチェック!
 「久しぶりにパターの感じが良かった」という大山。今週は優勝などを考えずに「パターの自信を取り戻すことが大事。自分の生命線ですから」。この日は10番で短いパーパットを外したが、4番でのチップインの他4つのバーディを奪取。「ストロークのヒントはまだ掴めていない。本調子ではないです」としながらも上々の滑り出しをみせた。

 新パターは形状はマレット、「プロトタイプです。色はブルー」。形は現行モデルにも近いものはあるが、色が斬新。「最近は3、4パットもあったり気分も沈みがちに。元気の出る色なので、気分を変えてみました」、この気分転換が好スタートを大いに後押ししてくれたようだ。

 この日は自身のパッティングを取り戻す大きな一歩となっただろう。明日も長丁場となるが、ブルーヘッドの新しい相棒とバーディ量産を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>